プロフィール

このサイトについて
このサイトは重田勝介の個人サイトです。主に日々の活動について紹介しています。重田は教育工学とオープンエデュケーションの研究者で、北海道大学に勤務しています。詳しいプロフィールこちら
Katsusuke Shigeta Ph.D (Human Sciences at Osaka University) , a researcher conducting educational technology & open education research at Hokkaido University, Japan.

2008/02/06

シャープペンシル



先日久しぶりにシャープペンシルを買いました。
記録やアイデアの整理はノートに手書きすることが多いのですが、ここ数年PCにかまけて、きちんとした筆記用具を手に入れていませんでした。

---
購入したのはPentelの製図用ペンシルです。
私の父親は設計士で、実家にはいつも、この類いのペンが置いてありました。
当時私はいわゆる「乗りもののお絵描き」が好きで(今考えると謎…)、お下がりだったのか気遣ってくれたのか、製図用シャーペンを使わせてくれていました。
今振り返ると何気に業務用のステッドラーだったりして、贅沢をしていたなと思います。

文房具屋で探しているうちにふと見つけ、その頃を思い出して手に取りました。
当時私は学校を転々としていたせいか、「お絵描き」で落ち着ける時間を作っていたのかもしれません。
---

製図用ペンは低重心で手が疲れず、図も字も書きやすいです。
芯の先が斜めになってるのは製図では×で、軸を回しながら動かし、線の太さを一定にするようです。これが難しい…も少し器用だったら、設計士を目指せたかもしれません。

違う世界の物書きにしか使えませんが、当時と今の私を繋ぐ大事な一品です。