留保かリストラか

先週から、学内で担当部署(TREEオフィス コンテンツ開発室)の引っ越しをしています。
新しいオフィスの什器を手配し、部屋を片付ける。前の部屋の機材を箱詰めし、新しいオフィスへ移動、そして整理。最後にお礼の気持ちを込めて、前の部屋を掃除しました。早いものでこの部屋で2年強。ここからあらゆるものが生まれ、そして今、一つの区切りがつきました。

17032009343.jpg

今回引っ越しにあたって、今後いらないものを捨てたり処分しましたが、こんなに捨てられるものがあったのかと驚きました。余裕がある時は捨てることを躊躇しがちですが、状況を変えなくてはならない時には、否応なくリストラを迫られます。
だが状況さえ変わらなければ、「これは何かにまた使うだろう」と、いろいろと持っておくことも可能でしょう。例えば持ち家が広ければ、そう頻繁に整理をすることもないでしょうし、貸家を転々とする生活ならば、持ち物が少ない方が身軽です。
留保かリストラか、それを決める条件は、あらがえない状況変化と、ちょっとした思い切りでしょう。

このブログの人気の投稿

論文掲載のおしらせ

これからのオープンエデュケーションについての考察(序)