プロフィール

このサイトについて
このサイトは重田勝介の個人サイトです。主に日々の活動について紹介しています。重田は教育工学とオープンエデュケーションの研究者で、北海道大学に勤務しています。詳しいプロフィールこちら
Katsusuke Shigeta Ph.D (Human Sciences at Osaka University) , a researcher conducting educational technology & open education research at Hokkaido University, Japan.

2010/02/11

海外研究へ向けて:お金の使い方

私がこちらでなかなか慣れなかったのは、お金の使い方です。毎日何らかの形でお金の出入りがありますが、いろいろと仕組みが異なります。私の限られた経験から書きますので、不正確な点もあるかもしれません、ご了承下さい。もし間違いなどあれば、教えて頂けますと助かります。

まず最初に、現地で銀行口座を作ります。私が使ったのはBank of Americaです。最近米国では大手銀行ではなくコミュニティバンクを選ぶことがちょっとしたブームになっているようですが、私はATMの多さなど、利便性を考えて大手にしました。ちなみに他社のATMでも手数料(3ドル程度)を支払えば、お金の出し入れは可能です。

銀行口座を作ると、たいていクレジット機能のついたデビットカードが付帯されます。普段の買い物はこれで全て足ります。私は普段20ドル前後しか現金を持ち歩いていません。人とご飯を食べる時など現金が必要な時に限り、ATMからお金を引き出して持ち歩いています。

買い物をするとき、「Credit or Debit?」と聞かれます。私は大抵Debitで払っていますが、Creditでの支払いしか受け付けないお店もあります。支払いの時は、大抵カード専用のパッドが置いてありますからそれを使います。その時、「Cash Backしますか?」と聞かれますが、これは(どうやら)支払の時に同時にお金を口座から引き出し、レジで受け取れるというサービスのようです。私は使ったことはありませんが、使いようによっては便利かもしれません。

このデビットカードにはVISAなどのクレジット機能がついてくるので、こちらでクレジットカードを作る必要は(短期滞在なら)特にないかもしれません。私の友人から、クレジットカードを作ろうとしたけれど審査が通らなかった、との話も聞きました(私と同じJ-1ビザ)。

----------
日本とのお金のやりとりですが、Bank of Americaの場合、送金に数千円の手数料がかかります。日本での収入や貯金を使いたいときに便利なのが、Moneykitグローバルです。

MONEYKitグローバル|金融商品|MONEYKit - ソニー銀行
http://moneykit.net/visitor/mkgl/index.html

詳しくは上記HPを見て頂きたいのですが、要はソニー銀行の中にドル建て口座を開くと、その預金を海外で引き出して使うことができます。また提供される「Moneykitグローバル・キャッシュカード」を、デビットカードとして買い物に使うことも可能です(但し使えないお店もあります)。

円ドル交換のレートも比較的お得なので、海外に滞在される場合、事前に用意されると便利かもしれません。申し込みからカード受け取りまで数週間かかりますので、早めに手続きをされることをおすすめします。