プロフィール

このサイトについて
このサイトは重田勝介の個人サイトです。主に日々の活動について紹介しています。重田は教育工学とオープンエデュケーションの研究者で、北海道大学に勤務しています。詳しいプロフィールこちら
Katsusuke Shigeta Ph.D (Human Sciences at Osaka University) , a researcher conducting educational technology & open education research at Hokkaido University, Japan.

業績・出版物


学位論文


重田勝介(2006) 遠隔映像協調環境の分析と教育への応用 2006年度 大阪大学大学院人間科学研究科 先端人間科学専攻 コミュニケーション・メディア講座 博士論文

重田勝介(2004) デジタルコンテンツの提供方法に関する研究 2004年度 大阪大学大学院人間科学研究科 先端人間科学専攻 コミュニケーション・メディア講座 修士論文

重田勝介(2002) グライダー操縦士育成における学習支援システムの実践と評価 2002年度 大阪大学人間科学部 臨床教育学専攻 教育システム工学講座 卒業論文


書籍


日本リメディアル教育学会、大学eラーニング協議会監修 「大学におけるeラーニング活用実践集: 大学における学習支援への挑戦2」 ナカニシヤ出版(共著)

重田勝介 「オープンエデュケーション」 東京電機大学出版局(単著)

重田勝介 「ネットで学ぶ世界の大学 MOOC入門」 実業之日本社(単著)

重田勝介 「デジタル教材の教育学:1章 個人差に対応する:CAI」(共著) 東京大学出版会、2010年4月26日

重田勝介 「職場学習の探究:第10章 ビジネスパーソンの海外経験がキャリア成熟に与える影響」(共著) 日本生産性出版、2012年3月20日


学会論文誌または雑誌(refereed)


Katsusuke Shigeta, Mitsuyo Koizumi, Hiroyuki Sakai, Yasuhiro Tsuji, Rieko Inaba, Naoshi Hiraoka (2017) A survey of the awareness, offering, and adoption of OERs and MOOCs in Japan. OpenPraxis. Vol.9, No.2 195-206

Toru FUJIMOTO, Katsusuke SHIGETA, Yuki FUKUYAMA(2016) The Research Trends in Game-Based Learning and Open Education. Educational technology research. Vol. 39 (2016) No. 1 p. 15-23

重田勝介(2016)大学のICT利活用の現状ー調査結果から. IDE 現代の高等教育(寄稿)

重田勝介(2016) オープンエデュケーション:開かれた教育が変える高等教育と生涯学習. 情報管理 Vol. 59 (2016) No. 1 p. 3-10(寄稿)

重田勝介, 八木秀文, 永嶋知紘, 浜田美津, 宮崎俊之, 島麻理江, 小林和也(2015) MOOCプラットフォームを利用した大学間連携教育と反転授業の導入─北海道内国立大学教養教育連携事業の事例から─. 情報処理学会 デジタルプラクティス vol. 6 (2) p.89-96

重田勝介(2014) MOOCが高等教育に与えるインパクト. 大学マネジメント, OCT 2014 Vol.10 No.7 通巻112号(寄稿)

重田勝介(2013) MOOCの現状と課題. サイバーメディアフォーラム,No.14,pp11-16(寄稿)

重田勝介(2013) MOOCの現状と図書館の役割. カレントアウェアネス CA1811 No.318, pp25-28(寄稿)

重田勝介(2013) 反転授業 ICTによる教育改革の進展. 情報管理,Vol.56,pp677-684(寄稿)

福山佑樹、重田勝介、中澤明子、牧野美沙子(2014)総合的な学習の時間における環境問題と自分史を題材としたデジタル・ストーリーテリング制作の実践と評価. 日本教育工学会論文誌, 38巻(Suppl.)

重田勝介、大川内隆朗、舘野泰一、福山佑樹、香川順子、田中さやか、加藤雅則、上田純子(2012)  大学初任者教員が悩みについて対話するオンライン環境を用いた実践と評価, 日本教育工学会論文誌, Vol.35, No,4  pp399-409

Katsusuke Shigeta, Takaaki  Ohkawauchi, Yoshikazu Tateno, Yuki Fukuyama, Junko Kagawa, Sayaka Tanaka, Masanori Kato, Junko Ueda (2012)  Practice and Assessment Concerning the Use of an Online Environment for Dialogue Addressing the Problems of Beginning Teachers at the Higher Education, Educational Technology Review Vol.35 (英訳論文)

Yamada, M., Kitamura, S., Shimada, N., Utashiro, T., Shigeta, K., Yamaguchi, E.,   Harrison, R., Yamauchi, Y., Nakahara, J. (2011) Development and evaluation of English listening study materials for business people that use mobile devices: A case study, CALICO Journal, 29(1), 44-66

重田勝介、中澤明子、松河秀哉、奥林泰一郎、三原勉、船田武志、大澤政寛、前迫孝憲、森川治(2006) 「超鏡」における映像遅延の影響 ヒューマンインターフェイス学会誌 Vol.8 No.4, 2006.11

重田勝介、今井亜湖、前迫孝憲、菅井勝雄(2005) 河川を題材としたWeb教材作成支援システムの開発と評価 日本教育工学会論文誌28(Suppl) 121-124, 2005.3

松河秀哉、今井亜湖、重田勝介、岡野恭子、景平義文、前迫孝憲、内海成治、関嘉寛(2005) 衛星携帯電話を媒体とした遠隔学習における超鏡(HyperMirror)システムの利用 日本教育工学会論文誌28(Suppl)257-260,2005.3

松河秀哉、重田勝介、吉田健、前迫孝憲、景平義文、関嘉寛、内海成治、中村安秀、下條真司、井上聡一郎、中村一彦、下山富男、吉田雅巳(2004) アフガニスタン-大阪間の遠隔講義の国際配信 日本教育工学雑誌27(Suppl)189-192,2004.3

山田雅行、今井亜湖、久保川洋一、姫野完治、香川順子、重田勝介、吉冨友恭、菅井勝雄、前迫孝憲(2004) デジタル学習教材の制作過程において留意すべき点についての研究 日本教育工学雑誌27(Suppl)97-100,2004.3


学会論文誌または出版物(non-refereed)


大学ICT推進協議会(AXIES) ICT利活用調査部会(2016) 高等教育機関におけるICT利活用に関する調査研究 調査報告書
https://axies.jp/ja/ict/2015

Katsusuke Shigeta, Tomohiro Nagashima(2016) Envisioning the Future of Open Education: A Perspective from the Non-English-Speaking World http://www.futuoer.org/envisioning-the-future-of-open-education-a-perspective-from-the-non-english-speaking-world/

日本教育工学会 SIG-05 ゲーム学習・オープンエデュケーション SIGレポート2015 
https://goo.gl/rB2Daf

日本教育工学会 SIG-05 ゲーム学習・オープンエデュケーション SIGレポート2016
https://t.co/Od5kxV6Biv

大林勇人,佐藤昌宏,重田勝介,福原美三,寺地幹人,豊福晋平,渡辺智暁 (2013) オープン教育を通じた教育の高度化:先進動向と日本の対応策. Innovation Nippon 研究会報告書

重田勝介、舘野泰一、大川内隆朗、福山佑樹(2009) 高等教育初任者教員の不安・孤独感を緩和する対話システムの開発 日本教育工学会研究報告集 09-1,2009.5 pp.1-4

重田勝介、松河秀哉、前迫孝憲(2006) 遠隔映像協調環境の分析 日本教育工学会研究報告集 06-1,2006.1 pp. 15-18

奥林泰一郎、重田勝介、中澤明子、岡田香菜子、前迫孝憲(2006) 国際交流学習におけるコーディネータの役割に関する研究 日本教育工学会研究報告集 06-1,2006.1 pp.23-26


国際会議(refereed)

Katsusuke Shigeta, Hiroyuki Sakai, Yasuhiko Tsuji, Rieko Inaba, Naoshi Hiraoka (2017) An analysis of awareness, offering and adoption of OER and MOOC in Japan. Open Education Global 2017 March 8, 2017

Norman Bier, Una Daly, Cable Green, David Kernohan, Brandon Muramatsu, Hal Plotkin, Katsusuke Shigeta, Kim Thanos, Willem van Valkenburg, Martin Weller(2016) FutuOER: Designing the Next Generation of Open Education. Open Education Conference 2016

Katsusuke Shigeta(2016) The Impacts of Open Education for Higher Education -OE Strategy at Hokkaido University. IFET 2016

Critical Issues for Success in Open, Smart, and Social Learning Environments
Insook Lee, Eunbae Lee, Katsusuke Shigeta, Cheolil Lim, Lucy Green(2016) Critical Issues for Success in Open, Smart, and Social Learning Environments. ICET 2016

Takashi Matsuda, Yuki Watanabe, Satoshi Kato, Katsusuke Shigeta(2016) Providing What Students Need to Know: A Student Dashboard System. 2016 AIR Forum

Katsusuke Shigeta et al. (2016) Open Education Strategy at Universities in Hokkaido Region utilizing OER. Open Education Global 2016

T.Nagashima, K,Shigeta, N.Bier (2015) Tackling a lack of local OER: How international OER adoption enhanced the quality of learning on campus, Open Education Conference 2015

U.Daly, K.Shigeta et al. (2015) Using Open Licenses to Enhance Collaboration and Reduce Costs in MOOC Development, Open Education Conference 2015

Katsusuke SHIGETA(2014) The Impact of MOOC on Higher Education. 2014 International Conference of Educational Technology, The Korean Society for Educational Technology

Katsusuke SHIGETA(2013) The Impact of MOOCs on Higher Education. International Conference on Information Science, Electronics and Electrical Engineering 2013

Katsusuke Shigeta, Emi Yamamoto(2011) Impact of iTunes U – A Case Study of OER at the University of Tokyo, AROOC Conference 2011 Meiji University, JAPAN

Katsusuke Shigeta, Emi Yamamoto, Hitoshi Aida (2011) Impact of iTunes U - a Case Study of UTOpenCourseWare, OCWC Global 2011 Cambridge, MA USA

Katsusuke Shigeta (2010)Inside UT OpenCourseWare -Production Structure and Open Access Policies- , OCWC Conference 2010 Vietnum

Katsusuke Shigeta, Emi Yamamoto, Jun Nakahara (2008) TREE Project 2008 –Remodeling the Educational Environment at the University of Tokyo with ICT-, Open Education Conference 2008, pp.69-73, Dalian CHINA

Katsusuke Shigeta(2008) TODAI-NAVI; The information delivery system of educational events using cellular phone. In Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications 2008 pp. 6061-6064

Akiko Nakazawa, Taiichiro Okubayashi, Spence Zaorski, Katsusuke Shigeta, Ako Imai, Yuko Yoshimoto, Hideya Matsukawa, Takanori Maesako(2008)How Can We Apply HyperMirror to Distance Learning?, International Conference on Teaching and Learning with Technology2008, pp.69

Akiko Nakazawa, Taiichiro Okubayashi, Spence Zaorski, Katsusuke Shigeta, Hideya Matsukawa, Yuko Yoshimoto, Ako Imai , Takanori Maesako(2008)Use of Multiple Tools in Dstance Learning: International Distance Learning Using “HyperMirror”, APRU 9th Distance Learning and the Internet Conference 2008 pp.119-123

Taiichiro Okubayashi, Akiko Nakazawa, Spence Zaorski, Katsusuke Shigeta, Takanori Maesako(2008)Japan-US Water Investigation Project and its Relative Issues, International Conference on Teaching and Learning with Technology2008,p.69

LIU Wei, Taiichiro Okubayashi, Katsusuke Shigeta, Takanori Maesako, Seiji Utsumi, Yasuhide Nakamura, Hideya Matsukawa, Shinji Snimojo(2004)  International Open Distance Learning - utilizing International Satellite Network, the Internet and Optical Communication Network, APRU 5th Distance Learning and the Internet Conference


学会・研究会・全国大会(refereed)


重田勝介,布施泉,岡部成玄(2013) オープン教材を用いた反転授業の実践と分析. 日本教育工学会第29回全国大会講演論文集,pp223-226

重田勝介(2011) 東京大学における「教育の情報化」 : 東京大学オープンコースウェア(UTOCW)とiTunes Uの運営と活用(オーガナイズドセッション「オープンコースウエアとその活用」-II,) 工学、工業教育研究講演会講演論文集  pp220-221

重田勝介、大川内隆朗、舘野泰一、福山佑樹、香川順子、田中さやか、加藤雅則、上田純子(2010)  高等教育初任者教員の不安を緩和する対話システムを用いた実践と評価, 日本教育工学会大会講演論文集, Vol.26, pp149-152

重田勝介、山本恵美、相田仁、吉田眞(2010) 東京大学における「教育の情報化」 : 東京大学オープンコースウェア(UTOCW)の運営と活用(オーガナイズドセッション「オープンコースウエアとその活用」-II,) 工学・工業教育研究講演会講演論文集 pp216-217

中原淳、島田徳子、山田政寛、北村智、三宅正樹、舘野泰一、山口悦司、ハリソン リチャード、秋山大志、中野真依、歌代崇史、大房潤一、山内祐平、長岡健、重田勝介、脇本健弘、関根聖二(2007) なりきりEnglish!: 企業人材育成向けモバイル英語リスニング学習システムの開発と評価 日本教育工学会大会講演論文集 2007.10

今井亜湖、山田雅行、久保川洋一、姫野完治、香川順子、重田勝介、前迫孝憲、吉冨友恭、埴岡靖司、伊原和夫 デジタル学習教材提供プロジェクトのデザイン:プロジェクト「みらべる」の事例より 日本教育工学会大会講演論文集,2002.11


学会・研究会・全国大会(non-refereed)


重田勝介、松河秀哉、松田岳士、渡辺雄貴、加藤浩、八木秀文、永嶋知紘(2016) シラバス分析による授業形態分類方法の開発. 日本教育工学会研究報告集 16(1), 167-170, 2016-03-05

重田勝介、中澤明子、田口真奈、松河秀哉(2014) 大学院生を対象とした反転授業研修プログラムの開発. 日本教育工学会第30回全国大会講演論文集,pp301-302

重田勝介、中澤明子、福山佑樹、福嶋俊、近藤麻紀子(2012)中学校向けICT支援型教室空間の利用形態 日本教育工学回第28回全国大会講演論文集 pp.661-662

重田勝介、福山佑樹、中澤明子、加藤雅則(2011)学校運営に関わる教師集団の対話と振り返りを支援するシステムの開発.日本教育工学会第27回全国大会講演論文集 pp.871-872

重田勝介(2008)  東大ナビー携帯電話による教育イベント情報提供の取り組み 日本教育工学会大会講演論文集,pp857-858

奥林泰一郎、重田勝介、中澤明子、前迫孝憲(2008) 国際交流学習にいたるまでの実践校との連絡調整とその課題、日本教育工学会大会講演論文集,pp489-490

中澤明子、今井亜湖、吉本優子、奥林泰一郎、重田勝介、ゼオースキスペンス、前迫孝憲、藤倉純子、池田裕美、武藤志真子、森川治(2008) ICTを活用した日本-タイ間の遠隔学習における特徴 多様な遠隔学習への「超鏡」の適用を目指して、日本教育工学会大会講演論文集,pp109-112

重田勝介、中澤明子、松河秀哉、奥林泰一郎、三原勉、船田武志、大澤政寛、前迫孝憲、森川治(2006) 「超鏡」における映像遅延の影響 日本教育工学会大会講演論文集,2006.11

中澤明子、重田勝介、奥林泰一郎、前迫孝憲(2006) 「超鏡」の研修におけるWebサイト利用の効果 日本教育工学会大会講演論文集,2006.11

辻岡圭子、室岡義勝、岩居弘樹、前迫孝憲、松河秀哉、重田勝介(2006) 遠隔講義による国際理解教育(その2)(2006) 日本教育工学会大会講演論文集,2006.11

奥林泰一郎、重田勝介、中澤明子、前迫孝憲(2006) 国際交流学習に至るまでの実践校との連絡調整とその課題(2006) 日本教育工学会大会講演論文集,2006.11

重田勝介、中澤明子、松河秀哉、前迫孝憲 遠隔映像協調環境の分析(2006) 情報コミュニケーション学会研究報告集,2006.2

重田勝介、奥林泰一郎、中澤明子、岡田香奈子、前迫孝憲(2005) センサを用いた日米間遠隔合同授業 日本教育工学会大会講演論文集,2005.9

前迫孝憲、管木真治、小寺孝典、重田勝介、奥林泰一郎、中澤明子(2005) 現代音楽コンサートの3Gモバイル国際リアルタイム配信(2005) 日本教育工学会大会講演論文集,2005.9

岡田香菜子、辻岡圭子、重田勝介、前迫孝憲 米国における教育評価システムの動向(2005) 日本教育工学会大会講演論文集,2005.9

中澤明子、重田勝介、奥林泰一郎、前迫孝憲、松河秀哉、岡田香菜子 「超鏡」に関する教員支援サイトの開発と評価(2005) 日本教育工学会大会講演論文集,2005.9

重田勝介、松河秀哉、高橋真央、景平義文、天沼直子、加藤貴子、中澤明子、今井亜湖、前迫孝憲、内海成治、関嘉寛(2004) 事前・事後学習を取り入れた国際間遠隔授業の支援:ケニア・日本の小学校間での国際交流の事例より 日本教育工学会大会講演論文集,2004.9

前迫孝憲、内海成治、中村安秀、下條真司、関嘉寛、景平義文、岡野恭子、木屋信明、横田裕子、松河秀哉、重田勝介、梅田晃英、井上総一郎、中村一彦、下山富男、吉田雅巳(2003) アフガニスタン・大阪大学間双方向遠隔講義 日本教育工学会大会講演論文集,2003.10

重田勝介、今井亜湖、前迫孝憲、管井勝雄(2003) Web教材作成提供支援システムの開発 日本教育工学会大会講演論文集,2003.10

吉田健、西森年寿、永岡慶三、重田勝介(2003) ストーリー参加型の科学館展示ガイドシステムの開発(2) 日本教育工学会大会講演論文集,2003.10

今井亜湖、松河秀哉、重田勝介、前迫孝憲、森川治(2003) HyperMirrorシステム導入における教員に対する支援 日本教育工学会大会講演論文集,2003.10

久保川洋一、今井亜湖、香川順子、重田勝介、中村沙梨(2003) Web教材作成のための情報教育カリキュラムの改善と評価 日本教育工学会大会講演論文集,2003.10

山田雅行、今井亜湖、久保川洋一、姫野完治、香川順子、重田勝介、吉冨友恭、管井勝雄、前迫孝憲(2003) デジタル学習教材の制作過程において留意すべき点についての研究 日本教育工学会大会講演論文集,2003.10

西森年寿、吉田健、重田勝介、永岡慶三(2002) ストーリー参加型の科学館展示ガイドシステムの開発 日本教育工学会大会講演論文集,2002.11

姫野完治、今井亜湖、香川順子、山田雅行、重田勝介、久保川洋一(2002) デジタル学習教材作成のための情報教育カリキュラムの開発と評価:プロジェクト「みらべる」の活動を通して 日本教育工学会大会講演論文集,2002.11

重田勝介、今井亜湖、姫野完治、香川順子、山田雅行、久保川洋一(2002) デジタル学習教材提供支援システムの開発 日本教育工学会大会講演論文集,2002.11

香川順子、今井亜湖、姫野完治、山田雅行、重田勝介、久保川洋一(2002) デジタル学習教材作成ワークショップにおけるアドバイザーの役割 日本教育工学会大会講演論文集,2002.11


奨学金


フルブライト奨学金 研究員プログラム 
2009年度 留学先: UC Berkeley Educational Technology Services
研究テーマ: A Research of Effective Methods to Reuse and Reform Open Educational Resources in Higher Education 
奨学生:重田勝介


外部資金による研究(所属機関外からの助成)


MOOCで得られる学習履歴データを活用した教材・教育改善手法の開発と評価(2015年度〜2018年度) 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究B 課題番号:15H02922 研究代表者:重田勝介

大学初任教員のキャリア形成と不安感解消に寄与するハイブリッド型支援システムの開発(2012年度〜2014年度(予定)) 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究C 課題番号:24501128 研究代表者:重田勝介

初任者教員の不安・孤独感やバーンアウトを緩和するハイブリッド型支援システムの開発(2010年度〜2011年度) 文部科学省 科学研究費補助金 若手研究B 課題番号:22700803 研究代表者:重田勝介

教育データ匿名化ツールの開発(2016−2017年度)文部科学省 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 課題番号:16K12564 研究代表者:武田俊之 研究分担者:重田勝介

高等教育初任者教員の不安・孤立感を緩和するハイブリッド型支援システムの開発と評価 (2008年度~2009年度)  文部科学省 科学研究費補助金 若手研究B 課題番号: 20700634 研究代表者:重田勝介

学生のアカデミックな意志決定を支援する教学IR情報提示システムの開発と評価(2016−2018年度)文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:16H03082 研究代表者:松田岳士 研究分担者:重田勝介

学生の自己管理学習を支援する教学IR情報提示システムの開発と評価(2013年度〜2015年度) 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(B) 課題番号:25282056 研究代表者:松田岳士 研究分担者:重田勝介

大学教育改善の促進と教育イノベーション普及のための「大学教育コモンズ」の構築(2013年度〜2014年度) 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究(A)課題番号:25242017 研究代表者:飯吉透 研究分担者:重田勝介

教育支援のための地域無線・光複合基盤の開発(2007年度〜2010年度) 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究A  課題番号:19200054  研究分担者:重田勝介


その他・講演など


重田勝介(2016) 大学間連携による遠隔授業における新しい授業方法の開発ーOERを活用した反転授業の導入ー. 国立大学教養教育コンソーシアム北海道 FDフォーラム, 北海道大学. 2016年2月12日

Katsusuke Shigeta(2016) Impact of open education to improve student outcomes on campus community. ICU Joint Seminar, International Christian University. 2016/2/23(招待講演)

重田勝介(2016) オープンエデュケーションとラーニングアナリティクスとの関わり〜MOOCを活用した学習環境の改善に向けて〜. 2016年度電子情報通信学会. 九州大学 2016年3月16日(招待講演)

重田勝介、永嶋知紘(2016)大学教育におけるICTの効果的な活用〜eラーニングを活用した学修支援を踏まえて. 千葉大学ALCセミナー, 千葉大学. 2016年7月26日(招待講演)

重田勝介(2016) オープンコースウェアのこれから 〜教育のオープン化普及におけるオープンコンテンツの役割. eラーニングアワード2016, ソラシティカンファレンスセンター. 2016年10月28日(招待講演)

Katsusuke Shigeta(2016) Flipped Learning at HU -From the experiences at the Center for Open Education-. 北海道大学・ソウル大学シンポジウム, 北海道大学. 2016年11月25日

重田勝介(2015) 北海道地区におけるオープンエデュケーションの取り組み. 日本大学教学戦略シンポジウム,2015年3月28日(招待講演)

重田勝介(2015) オープンエデュケーションによる大学教育改革 -反転授業を導入する道内国立大学教養教育連携の事例から-. 大学教育研究フォーラム2014. 2015年3月14日(招待講演)

重田勝介(2015) オープンエデュケーションによる教育改善 -北海道大学オープンエデュケーションセンターの取り組み. 大学eラーニング協議会 総会・フォーラム2014, 2015年3月13日(招待講演)

重田勝介(2015) MOOCと反転授業による大学教育改善. 京都外国語大学FD講演会,2015年3月7日(招待講演)

重田勝介(2015) e-learningと双方向遠隔授業を活用した大学間教育連携. 大学連携e-Learning教育支援センター四国 事業報告シンポジウム2014, 2015年1月29日(招待講演)

重田勝介(2014) 日本・世界の動向と北大全学の活動について. 北海道大学工学部CEED FD講演会,2014年12月16日(招待講演)

重田勝介(2014) グローバルMOOCの現状. 大学ICT推進協議会(AXIES)年次大会 CSD部会,2014年12月11日(講演)

重田勝介(2014) MOOCとラーニングコモンズの融合.  図書館総合展コクヨブース講演 2014年11月7日(招待講演)

重田勝介(2014) 教育のグローバル化とオープン教育-MOOCの普及と通信教育の未来-. 通信教育学会第62回研究協議会 2014年11月1日 桜美林大学(招待講演)

重田勝介(2014)  MOOCのインパクトと可能性- JMOOC講座「オープンエデュケーションと未来の学び」の事例から -. サイエンティフィック・システム研究会 2014年11月29日(招待講演)

重田勝介(2014) オープンエデュケーションとMOOCがもたらす大学の未来. 第57回北海道地区大学図書館職員研究集会,2014年8月(招待講演)

重田勝介(2014) オープンエデュケーションとMOOCがもたらす大学の未来. 日本医療大学FDセミナー,2014年10月(招待講演)

重田勝介(2013) MOOCsのインパクトと高等教育の未来. 2013 PCカンファレンス, 2013年8月(招待講演)

重田勝介(2013) オープンエデュケーションの可能性とMOOCsのインパクト. 情報処理学会SSS2013,2013年8月(招待講演)

重田勝介(2013) MOOCsがもたらすボーダレスな教育と社会. サイエンティフィック・システム研究会2013年度合同分科会会合(招待講演)

重田勝介(2013) MOOCによる教育改革とそれを支える学術情報基盤の高度化. 日本学術会議 情報学委員会 第7回情報学シンポジウム(招待講演)

武田俊之、井上仁、重田勝介(2012)オープンエデュケーションの可能性と課題 -教育工学との接続を見据えて 日本教育工学回第28回全国大会ワークショップ

教育システム情報学会 北海道支部設立記念会 特別講演 「オープンエデュケーション –大学はいま、何をすべきか-」2012年7月14日 北海道大学

東京大学教養学部 附属教養教育高度化機構 アクティブラーニング部門 セミナー 講演「講義の『オープン化』は、大学教育に何をもたらすか?」 2012年6月20日 東京大学教養学部

日本教育工学会 シンポジウム「高等教育とICT」 講演「オープンエデュケーションの可能性と課題」 2012年6月16日 東京工業大学

北海道大学情報基盤センター共同研究ワークショップ 講演 「オープンエデュケーションの現在と未来 -東京大学OCW・iTunes Uの現状と世界情勢- 」  「教育コンテンツとモバイルラーニング」 2012年3月16日 北海道大学

千葉大学アカデミック・リンク・セミナー 招待講演「講義のオープン化は、大学に何をもたらすか?-東京大学の事例から」2011年10月12日

重田勝介,松河秀哉,渡辺雄貴,林 一雅(2011)ラウンドテーブル:「大学教育センター」に所属する若手教員の悩み:業務・研究・キャリア,日本教育工学会第27回全国大会ワークショップ

教育ITソリューションEXPO 招待講演「講義のオープン化は、大学に何をもたらすか?」2011年7月8日  東京ビックサイト

北海道大学情報基盤センター共同研究ワークショップ 講演「東京大学におけるオープンエデュケーションー東京大学オープンコースウェア(UT OCW)・東京大学iTunes Uの運営ー」 2011年3月11日 北海道大学

Apple AcademiX 2010 「東京大学iTunes Uのインパクト」2010年12月17日 東京国際フォーラム

重田勝介,渡辺雄貴,林 一雅(2010)ラウンドテーブルディスカッション:「若き研究者の悩み~その研究・仕事・キャリア」 日本教育工学会第25回全国大会ワークショップ

IARU Workshop 「Open Access to Academic Video and the Opencast Community」講演「Learning from OpenCourseWare (OCW) - Open Access policies at the University of Tokyo」2010年1月21日 UC Berkeley- ETH Zurich 間(ビデオ会議)

カフェイベント Utalk「メディアが大学を開くーITを活用した社会とのつながりのデザインー」2009年6月13日UT Cafe BERTHOLLET Rouge

法政大学第6回FDシンポジウム「大学のIT戦略とFD活動の展開 ~新たなe-Learningと学習環境のデザイン~」講演「ICTを生かした学習環境デザイン~東京大学の事例より」2008年11月29日 法政大学

大学教育研究フォーラム 講演「東京大学における『教育の情報化』」2008年3月27日 京都大学

大阪大学人間科学研究科 教育工学研究会 講演「大学教育改革の取り組み事例」 2008年3月5日 大阪大学

私立大学キャンパスシステム研究会 2007 講演「東京大学における『教育の情報化』」2007年11月27日 富士通汐留シティセンター

東京大学教育企画室TREEプロジェクトシンポジウム2007 講演「東京大学におけるコンテンツ開発の現在」 2007年7月27日 東京大学

東京大学大学院情報学環ベネッセ先端教育技術学講座 Beat Seminar 第8回 「CAI/WBT」 講演「CAI/WBTの歴史と事例紹介」 2005年11月12日 東京大学