マッチョなFacebookと孤独なブログ

暫く頑張ってブログを書いてみようかなと思っている。というのも、ここ最近は近況報告をFacebookで済ませていたのだが、これに少し疲れはじめた。新年度になり、知り合いの方々のおめでたい報告や頑張っている様子をしばしば見かける。嬉しいことだし、とっても励まされるのだが、年度変わりの疲れ切っている最中だと若干「湯当たり」ならぬ「めでたい当たり」をしてしまうというか。



Facebookの上ではポジティブになることを、たとえネガティブな感情でも、「落ち」でポジティブに転換することが求められているような気がしてしまう(全く個人的な印象ですので、あしからず)。きっと「いいね!」を欲する心(笑)がそうさせてしまうのだろうが、その点ブログは安心である。最後に上げて終わらなくとも問題ない。もし私のようにコメント欄を設けていなければ、荒野で叫ぶが如く、良くも悪くもひとりぼっちである(その善し悪しはともかく)。

今日も慌ただしい一日である。暫くこのままだろう。乗り切るのみである。

このブログの人気の投稿

論文掲載のおしらせ

これからのオープンエデュケーションについての考察(序)

海外研究へ向けて: 諸手続き、いわゆるペーパワーク