投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

【解説】EPUB電子書籍「東大発2012」の楽しみ方

イメージ
私の所属する大学総合教育研究センターより、「働く」をテーマにした東大学部生によるインタビュー集の電子書籍「東大発2012」が公開されました。

大学総合教育研究センター: 「働く」をテーマにした東大学部生によるインタビュー集、電子書籍「東大発2012」をiTunes Uにて無償公開
http://www.he.u-tokyo.ac.jp/2012/04/2011itunes_u.html

「東大発2012」は、教養学部の講義「メディア創造ワークショップ」で学生が制作したインタビュー集を電子書籍化したものです。講義について中原先生がブログ上で紹介をされています、ぜひご覧下さい。

NAKAHARA-LAB.NET 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する: 「自ら発信すること」で「自分のキャリア」を考える:電子書籍「東大発2012」のiTunesU無償公開
http://www.nakahara-lab.net/blog/2012/04/2012itunesu.html

私はこの講義で、インタビュービデオの制作や電子書籍の制作などの技術支援を担当しました。「東大発2012」は、iTunes UにてEPUB形式(電子書籍のフォーマットの一つ)の電子書籍で公開されています。EPUB形式の電子書籍は、iPhoneやiPadのアプリ「iBooks」やPCのEPUB対応アプリで読むことができ、英語圏では標準的なフォーマットになりつつあります。

「東大発2012」を読むには2通りの方法があります。
(1)iPhoneやiPadにアプリ「iTunes U」「iBooks」をインストールして読む
(2)PCからPDFファイルで読む
iOSデバイスをお持ちでない方のために(2)の方法も用意しましたが、基本的に「東大発2012」は(1)の方法で読むことを念頭に開発されています。「東大発2012」を最大限楽しむには、(1)の方法がおすすめです。

この方法について、ここで簡単に紹介します。

-----
1)iPhoneやiPadにアプリ「iTunes U」をインストールする
App Storeで「iTunes U」のキーワードで検索し、アプリ「iTunes U」の紹介画面に移動します。「Appを入手」を選んでインストールします(無料)。
EPUBを読むアプリ「iBooks」をインストール…

論文掲載と共著出版:2011年度のおわりに

今月は2つ嬉しいニュースがありました。

まず1つ目。日本教育工学会論文誌に、教育実践開発論文「大学初任者教員が悩みについて対話するオンライン環境を用いた実践と評価」が掲載されました。早稲田大学の大川内さん、東京大学の舘野さん(@tatthiy)、早稲田大学の福山さん(@fumituki85)、徳島大学の香川さん、田中さん、アクション・デザイン代表の加藤雅則さん、カウンセラーの上田純子さんと連名です。共著者のみなさま、実践にご協力頂いたみなさま、数々助言を下さったみなさま、粘り強いご査読を頂いた査読者のみなさま、ご支援頂いた全ての方々に御礼申し上げます。

着想から5年、研究着手から4年、実践から3年、論文投稿から1年…全てが遥か昔のことのように思えます。この論文では、最近の若手教員が抱える「不安」や「悩み」をいかに乗り越え、よりよいキャリアを築くかということが問題提起の原点でしたが、これは同時に当時着任して間もなかった私自身が、職業人生において抱えた課題でもありました。この論文で提示できた「答え」は些細なものでしかないかもしれませんがが、私自身のこれまでの5年間と重ね合わせ、非常に感慨深い仕事となりました。


2つ目。日本生産性出版より、「職場学習の探究 企業人の成長を考える実証研究」が出版されました。私は本書の第10章「ビジネスパーソンの海外経験がキャリア成熟に与える影響」を担当させて頂きました。この本は、東京大学 大学総合教育研究センター 中原先生が、学際情報学府でひらいているゼミに所属する大学院生による共著です。足掛け2年弱、これも長い道のりでした。私自身、大規模調査の分析をしたことは始めてで、調査法や統計分析など(コソコソと隠れて…)改めて勉強し直しながらの執筆となりました。

私の章では、ビジネスパーソンが留学や海外赴任などの海外経験を経ることで、将来に向けてのキャリア発達への意識(キャリア成熟)が高まるのか、について調査分析を行いました。この問いも、実は私にとっては自らの経験に照らし合わせ考えた部分が多分にありました。私は2年前に客員研究員として海外留学し、このことが自身のキャリア発達にとって大きな影響を与えたと考えています。執筆には苦労も多くありましたが、自身の経験を振り返りながらの貴重な体験となりました。


Amazon.co.jp: 職場学習の探究 企業…