2010/12/11

【記事解説】カリフォルニア州で進む、電子教科書を使った教育

ネット上で興味深い記事を見つけました。カリフォルニア州で進められている電子教科書利用についての解説記事です。その中身をかいつまんで紹介します。

California Embraces Open Source Digital Textbooks -The most populous state is the first to take on this complicated initiative-
http://www.edutopia.org/california-open-source-digital-textbooks

全米初のプロジェクト:オープンソース電子教科書

California Learning Resource Network(CLRN)は、全米初のオープンソースを活用した「電子教科書イニシアティブ」で、2009年5月に立ち上げられました。このイニシアティブの目的は、電子教科書の開発ではなく、その「評価」です。さまざまな個人・団体から寄せられた電子教科書がどの程度州の基準に見合っているか「評点」をつけて、イニシアティブのウェブサイトに、評定結果と教科書へのリンクを載せています。第一回目の評定では、16の評価結果が掲載されました。
(先ほどCLRNのサイトを確認したところ、すでに第二回の評価結果も掲載され総数は33となっています。現在、第三回目の募集が行われているようです。)

California Learning Resource Network
http://www.clrn.org/home/

評定された電子教科書の中には、紙の教科書をスキャンしただけのものもあれば、補助教材へのリンクが埋め込まれているようなデジタルの特性を生かしたものもあります。州の教育担当大臣が「これはハードウェアではなく、コンテンツである」と話しているように、カリフォルニア州では電子教科書のソフトウェアに焦点をあて、デジタル教科書に「お墨付き」を与えて教育現場での利用を促しているようです。

オープンソースでコストを削減、オリジナルの教科書も作れる


カリフォルニア州が電子教科書をを推進している大きな理由の一つが、教育コストの削減です。電子教科書をオープンソースとすることで費用負担をなくし、教科書にかかる費用を低減することを狙っています。一方、電子教科書が生徒一人一人に使われるには、生徒それぞれにPCなど電子端末が必要です。米国ではメーン州など、州のほぼ半分の高校生にノートパソコンを配った地域もありますが、カリフォルニア州では財政難もあり、まだ途上のようです。

 米国では「CK-12 Foundation」や「Curriki」など、オープンソースの素材をWeb上で自由に組み合わせて再編集(remix)し、オリジナルの教科書を作れるサービスもあります。ここでは、ユーザーごとにアカウントを持つことができ、サイト上の素材を組み合わせて教科書を作ったり、iTunesの「プレイリスト」のように自分のコレクションを作って他のユーザーに紹介したり、テンプレートを使って作った教材を互いに評価し合うこともできます。

教育現場での利用も進む、携帯に対応も


素材がオープンソースであることを生かして、独自の教科書を作い授業で利用する実践も進んでいます。教師の教えたい内容や教え方に即した教科書を作ったり、デジタル化されている強みを生かして検索機能やビデオ、クイズを埋め込んだ教科書が作られています。将来的にはPCが手に入らない生徒のために、携帯電話からも見ることができる教科書も視野に入れています。カリフォルニア州では現在、数学と科学の教科書のみ評定されていますが、将来これを他の教科にも拡げる予定です。インディアナ州・フロリダ州・バージニア州など他の地域でも、同じような取り組みが広まりつつあります。

この「電子教科書イニシアティブ」が本当にうまくいくのかについては批判もあるようです。しかしカリフォルニア州としては、電子教科書を州の教育システム改善への重要なステップと位置づけ、強力に推進しています。記事に掲載されている電子教科書を使い始めている教師からも、「もう重くて高い紙の教科書にはもどらない」とのコメントが寄せられています。

-----
以上、記事紹介でした。多少かいつまんでいますので、興味を持たれた方はぜひ原文に目を通して見て下さい。
こういう記事に出会うと、「さすがシリコンバレーもあるだけに、先進的だなぁ」と思いがちですが、かの地の教育を取り巻く状況は、非常に複雑で深刻です。しかしこのような差し迫った状況だからこそ、多くの人々の知恵が絞られ、新しい取り組みが生まれているのかもしれません。引き続き進捗を見続けたいと思います。

2010/12/06

【転載】アメリカ大学事情(2):大学財政の悪化とキャンパスにおける抗議活動

東京大学学内広報より転載している「アメリカ大学事情」。今回は2回目、カリフォルニア州の財政悪化のあおりを受けたUC Berkeleyで起きたデモ活動など、私の経験をご紹介します。

---

学費値上げに対抗する学生デモ


私が米国にいた2009年、赴任地のUCバークレーでは公立大学の財政事大学財政、激しい抗議活動情の悪化による様々な動きがありました。2008年に起きたリーマンショック以降州からの補助金が削られ、米国の公立大学は財政的な窮地に立たされていました。米国の中でも景気悪化が深刻であるカリフォルニア州ではその影響も深刻で、私が滞在していた昨年はキャンパス内でも数々の混乱がありました。

私がバークレー校に赴任したのは8月末でしたが、帰国した翌年3月頭までの間に計3回のデモ活動がありました。そのうち2回は2009年9月と11月に起こったもので、学費の値上げ(州内からの学生で25%増)に反対する学生によるデモでした。その中でも11月のデモは大規模で、学生がキャンパス内の通りを塞ぎ、学生や教員に講義を欠席・中止するよう呼びかけました。学生デモ隊は講義棟の一つを占拠し、学内の警察隊に加え地元の警察も出動する騒ぎとなりました。結局、その日は休校日となり、私もデモ運動を横目に見ながら帰宅しました。

jt8q.jpg


デモの変化:学生と教員がともに州へ抗議


ところが翌年3月に起こったデモ活動は、少し様子が違いました。デモの矛先が大学から州政府へと変わったのです。大学の財政が逼迫しているのは大学だけのせいだけではない。補助金をカットし教育に充分な予算を割かない州政府にも原因があるのだー このような論理のもと、キャンパスに「Public Educationを守らねばならない」という共通認識がキャンパスで生まれ、大学に関わる人々が一丸となって大学の窮状を州政府に訴えました。この時のデモ活動では、教員と職員、学生が共に州都のサクラメントや近隣の州事務所にパレードし、教育予算カットを止めるようデモ活動を繰り広げました。なお、このような活動がUC Berkeleyだけにとどまらず、全州の大学で同時多発的にデモ活動が行われました。

学内でデモ活動が起こるたびに、UC Berkeleyの学長からキャンパス全員のメールアドレスへ向けて、冷静に大学の窮状を説明し、感情的な行動を避けて困難を乗り切ろうと訴える一斉メールが送られていました。また教職員は無給休暇(Furlough)を自主的に取って経費削減を目指す運動を行っていました。この取組みは一年間続き、これにより人件費の4-10%を削減することができたそうです。


アダルトスクールでも経験した財政事情の厳しさ


なお余談として、私が英語を学ぶために通っていたアダルトスクール(Adult School)でも、財政問題は深刻でした。私はBerkeley Adult Schoolという公立のアダルトスクールに通っていました。アダルトスクールは、若い人に限らない幅広い世代に向けて、語学教育や専門スキルの教育などを行なっており、特に移民や留学生に向けたESL(English as a Second Language:英語を母国語としない人達のための英語教育)には数多くの受講者がいます。私が留学した2008年度まではESLのクラスは無料でしたが、2009年より一人数十ドルの受講料を払うようになりました。また教員の数やクラス数も減らされ、一ヶ月遅れで渡米した私の妻は、人数超過のため受講できず、他のアダルトスクールを探さねばなりませんでした。


【参考URL】
Year-Long UC Furlough Program Ends - The Daily Californian http://www.dailycal.org/article/110176/year-long_uc_furlough_program_ends