帰国:「At Cal」これで終わり

3月第一週は米国での研究の総仕上げでした。

火曜日と水曜日に、ETSの創設に関わった方3人にインタビュー。
水曜日には机をもらったRoom 5のみなさんとお別れのランチ。
木曜日はETSのみなさんとちょっとしたお別れ会。午後にはwebcast.Berkeleyの担当者のBenさんとコーヒーを飲みながら話をする。今後いろいろとコラボレーションできればいいねと話をする。
木曜日の夜中にレポートを書き上げ、最終日の金曜日にはディレクターに提出、いろいろと話をする。午後にはYWCAで英語の先生と最後のレッスン。といった感じでバタバタと終わりの時間を迎え、帰宅。

それから週末・3月の第2週にかけて、アパートの片付け・引越し、日本への移動、日本の新居の引越しを慌ただしくこなし、今週から職場に復帰しました。

これで「At Cal」もおしまい。ちょうどエントリー数が50となり、キリもよくなりました。ミッション達成率は70%程度、あとは向こうで書いたレポートのフルヴァージョンを書く予定。

今は東大での仕事と東京の新居の片付けに追われていますが、まずは滞在が無事すんで一安心。日米双方でお世話になった、ご支援頂いた方々、本当にありがとうございました。

カテゴリ「海外研究に向けて」はもう少しエントリーを増やす予定。(忘れないうちに)

---
3/18 追記

「達成度90%」はさすがに高すぎるので修正。70%くらいだろうか。

・研究者の人脈は思うほど広げられなかったので、40%中10%減。
・書き上げたレポートがフルバージョンではなかったので、30%中10%減。
・英語力にやはり不安が残ったので、これも30%中10%減。

精一杯頑張った気はしますが、冷静になり振り返るとなかなか難しかったなぁというのが実感です。

このブログの人気の投稿

論文掲載のおしらせ

これからのオープンエデュケーションについての考察(序)