プロフィール

このサイトについて
このサイトは重田勝介の個人サイトです。主に日々の活動について紹介しています。重田は教育工学とオープンエデュケーションの研究者で、北海道大学に勤務しています。詳しいプロフィールこちら
Katsusuke Shigeta Ph.D (Human Sciences at Osaka University) , a researcher conducting educational technology & open education research at Hokkaido University, Japan.

2009/10/23

At Cal Day50: "Capitalism A Love Story"、日記風は今日でおしまい

朝から大学、せっかくUCBに来ているにも関わらず、せっせと科研申請の準備を進める。こういうときに悲しくなるが、こればかりは今頑張っておかないと、後々困ることになる。のでせっせと書く。

夜は嫁さんと映画を見に行く。マイケル・ムーアの新作、"Capitalism A Love Story"である。

Capitalism: A Love Story
http://www.capitalismalovestory.com/

内容は前作までも背後にあった、米国の「行き過ぎた資本主義」のテーマを前面に押し出したもの。正直リファイナンスの仕組みなどは、不況になる前からこのシステムはいつまで持つのだろう?と疑問だったが、この映画を見て、もし自分が元々米国人だったら、植木等じゃないが「わかっちゃいるけど、やめられない」となっていた気もする。上映が終わると、会場からは大きな拍手。カリフォルニアだからかもしれないが、反応を素直に表現する姿は、実に米国らしい。

20091022.jpg

こちらに来てから、毎日欠かさずブログをつけてきた(多少遅れはしたが)。われながらよく続いたものだと思うが、これでちょうど50日経ったので、ここから少し体裁を変えることにする。最初の50日間、海外留学生活をどうセットアップしてきたか、という見方では一つの記録にはなったと思うが、このまま「日記風」のエントリを続けることに意味があるとは余り思えないからだ。

近況報告も交じるかもしれないが、ここからはより体系的に、留学前の準備・留学中に為したこと・考えたことの3つを書くことにする。特に留学前の準備については、ある程度まとめたい。これは出国前のフルブライトの集まりで、「あなたの周りの優秀な人に、ぜひフルブライトに応募するよう勧めてください」とアドバイスされたことが大きい。

それにしたがい、実はこれまで私の周りの人にもいろいろと助言をしてきた。妻には「あなたは人が善すぎるのでは」とも言われたが、こと研究者に限っては、自分の周りの人がより成果をあげられるように動く方が、結局お互いの得になると私は考えている。帰国後にまとめればいい…と呑気にしていると、結局仕事に追われて機会を逃してしまう気もするので、こちらにいる間に振り返りをすすめることにする。